Fortune-Channel

利用

riyou

日常に当たり前のように馴染んでいる占い、朝テレビをつければ星座、血液型、誕生月…様々な種類が貴方の1日を教えてくれます。
これらの手法は、西洋占星術や四柱推命等の占いを簡略化した物です。

これには種類によって得意分野があり、復縁や恋愛の行方、友人関係、仕事運、貴方自身の人としての運の動き等、ある程度調べる所を絞る事で、お互いに住み分けがされているのです。

元々、この占いと言う物は人の心の内や運勢、未来、恋愛や復縁の可能性等を見通す事が求められます。
肉眼で見られないような物や予想できないような出来事を判断したり、見分けたりする事に使われます。
ぼくせんやせんぼくと言うような名前で言われている事もあります。

雑誌やテレビ、少し出掛ければ占術師ばかりを集めている通りがあったり、道端でやっていたり、日常生活のすぐ傍に占術はあります。
最近はインターネットや電話等を通して行っている占いもあります。

日本

日本で行われている占術のルーツですが、それらは弥生時代あたりに中国より伝来したと言われています。
占星術のように洗練された占いが当時はありませんでしたから、最初は動物の骨を焼いたその割れ方で占ったりしていました。
当時に行われていた動物の骨で行う方法は、現代の意識よりももっと信頼されている物でした。

有名な邪馬台国の女王卑弥呼等は、政治経済や国政等を決める場でも使っていたのです。
教科書にも乗っているように、卑弥呼は幼い頃から占術的な力を持っていた。と言われています。
現在に伝わる占いの創設者、日本に占いを流行させた元は卑弥呼なのかもしれません。

弥生時代に存在していた占術は種類も豊富ではありませんでした。
それらが爆発的に増え始めたのは、平安時代に入ってからです。

多様化

tayouka

最初は少なかった占術の方法も、歴史が進めば種類も増え始めます。
平安時代に入った頃から、日本での占術はこれまでの骨だけでは無くなります。
筮竹と言われる竹ひごのような物を束にしたような道具を使う方法が流行しました。
更に、算木と呼ばれる積み木のような物を利用して行う占術が誕生したのもこの頃です。

鎌倉時代へ進めば、現在でも多く見られる水晶や九星を利用して行う方法も登場しています。
このあたりで日本の占術に関する歴史と言う物が出来上がったとも言われています。


オススメリンク

タダで楽しめる占い鑑定なら【無料占い】
横浜の当たる占いと言えば/フューチュア
復縁したい人は@復縁の情報サイト
電話鑑定するならこちらがオススメ|メビウス&イルエル

おすすめ記事